20代に多い小鼻の毛穴の汚れはどうしたら改善できる?

20代に多い小鼻の毛穴の汚れはどうしたら改善できる?

肌のトラブルというと年配の方が悩んでいるイメージがあるかもしれませんが、いやいや若い人だって悩んでいます。

 

特に20代に多いのが、小鼻の毛穴の汚れです。ファンデーションやコンシーラーで隠せるのでいいやと思っている方もいますが、すっぴんを彼氏に見せる時には勇気が要りますよね。できればちょっとそこまで出かける時にはノーメイクで行きたいという方も多いのではないでしょうか。この毛穴汚れはどうしたら改善するのかをご紹介しましょう。

 

毛穴汚れを取るには、基本は「正しい洗顔」だと言われています。しかし、毎日きちんと洗顔しているのに一向に取れないんですけど!という方も多いのが現状。肌質にもよりますし、洗顔と言われて真面目にしっかりやりすぎると、今度は乾燥肌になってしまうこともあります。

 

洗顔で治らないのなら、「毛穴パック」と「美顔器」による併用をオススメします。毛穴パックは確かに角質を目で確認できるくらいよく取ってくれますが、これは一時的な解決策です。このままだと毛穴は開いたままなので、そこにメイクなどしようものならまた汚れが入り込んでしまいます。そこで、毛穴パックをした後にしてほしいのが美顔器を使うことです。美顔器には肌にハリを出す効果があるので、これによって周りの皮膚が毛穴を絞めてくれます。そうすれば開いた毛穴も目立たなくなり、問題解決です。

 

毛穴パックは汚れが目で見えることから使うことが楽しいかもしれませんが、意外とその後のケアを怠ってしまう人が多いのです。これでは汚れはせっかく取れたのにもったいない。洗顔、化粧水による保湿など、自分でできる範囲で改善しなければ、美顔器に頼っても良いと思います。これなら予約の取りづらいエステに時間を割いて通う必要もないですし、気軽にできるのでおうちエステを楽しめます。若いうちから肌ケアをするのは良いことなので、早い段階から自分に合ったやり方を見つけてみましょう。