見た目を若く保つために重要なことは二つ

見た目を若く保つために重要なことは二つ

見た目を若く保つために重要なことは二つあります。

 

 

一つ目は体内における活性酸素の生成を防ぐことです。私たちの体は呼吸するために絶えず酸素を必要としています。呼吸で取り込んだ酸素のうちの約2%がミトコンドリア内で活性酸素に変換されます。この活性酸素は通常の酸素よりも不安定であり反応性が非常に高く体内の様々な物質と結びつき細胞を傷つけます。

 

ただし私たちは普通に日常生活を送っている分には体内の細胞の損傷が大きく人体に悪影響を及ぼすことはありません。なぜなら損傷した細胞は修復されるからです。しかし激しい運動をしたりして大量に酸素を消費すると活性酸素もその分大量に発生してしまいます。そうすると細胞の損傷速度が速すぎて修復できなくなりどんどん傷がたまってしまいます。

 

すると結果的に老化が早まってしまうわけです。なのでなるべく激しい運動は控えた方がいいでしょう。しかし逆に運動をしなさすぎると肥満などのリスクが高まってしまうので適度な運動をするのが望ましいでしょう。しかし中には運動が好きで本格的にやっているという方もいるでしょう。そういう方には抗酸化物質の摂取がおすすめです。抗酸化剤は活性酸素による有害な反応を起こりにくくする物質です。抗酸化物質は特に野菜や果物に多く含まれているので普段の食事において好き嫌いせず野菜も含めてバランスよく食べることが重要です。

 

 

二つ目は紫外線を浴びすぎないことです。紫外線はタンパク質を変性させる作用があるため紫外線を浴びすぎると体内のタンパク質が変性して正常に機能できなくなります。また髪もケラチンというタンパク質でできているので紫外線を浴びすぎると変性してしまい強度が低下したりツヤが失われたりします。また、紫外線は白内障など目への悪影響も指摘されています。

 

 

このような紫外線の悪影響を防ぐためには日焼け止めの使用やUVカットサングラスの着用が望ましいでしょう。日焼け止めに関してはSPFやの値が大きいものほど肌への負担も大きくなるので状況に応じて適切な量の日焼け止めを使うようにしましょう。